【BF2042】Season4最強武器ティアランキング!AOW・Vault武器解説入り!

Bティア

BSV-M

前回ランキングのAティアよりランクダウンです。
AC-42や兵科制導入にあたってARやライトマシンガンでもBSV-Mの代替ができてしまうので、わざわざこの武器を使う理由はなくなってしまいました。
ただ、火力自体はマークスマンライフルの中でも最強クラスなのでエイム力に自信のある方にはおすすめです。

SFAR-M GL

Sティアから大幅ダウンになります。
Season3からの変更は高ダメージが出る距離が75mから50mまで減った点のみなのですが、新武器の「RM68」より、火力が劣り、距離減衰も大きく変わらないため存在感は薄くなりました。

ただ安定性とアタッチメントの多さは変わらないので中距離では強い武器です。

LCMG

近接戦闘弾とショートバレルの組み合わせでライトマシンガン中最速のTTKは変わらず近距離は強いです。ただし、ライトマシンガン特有の撃ち出し速度は遅いので前線では戦いづらいためBティアです。

K30

現状近距離ダメージが18になったため発売初期より火力は落ちましたが、相変わらず近距離での1対1の強さは健在です。
兵科制導入によりマケイとの相性の良さはよくなりましたが、AC9の出現により近距離TTKはSMG中3番目になった関係でAC9に取って代われてしまっています

Aティア

12M オート

今作の害悪武器のひとつ12M オート。近距離が強すぎて弱体化を望む声が多いにも関わらず、無視され続けてきました。特に修正もないですが、変わらず近距離専門の銃になるのでAティアにしています。

AC9

Season4からの新武器なのですが、K30に次ぐ発射レート1080rpmでPBXに次ぐTTKが出せる上に反動も大きくないのでカスタム次第で制御しやすくなります。
火力最強のPBX45にも正面から撃ち勝てる力はありますが、50発の拡張マガジンがないのでエイム力が求められますし、弾薬補給が必須な武器なのでAティアにしています。

PBX-45

TTKはSMG中最速は変わらず弾持ちの良さ、1対1の強さは健在です。AC9が実装された関係でSMGの中で良きライバル的な存在になりそうです。

RPT-31

アップデート4.0.1で高威力弾のBTKが強化され、30m以内で5発キルから4発キルになりました。その関係でLMG中LCMGに次いで2番目のTTKになりました。
距離減衰もかなり優秀で、LCMGの「近接戦闘」+「Sバレル」が20mまで4発キルに対し、RPT-31の最強火力が高威力弾で30mまで4発キルかつ、100mまで5発キルなので高ランクにしています。

M5A3

Season3と同じくAランクになります。
標準仕様弾+ショートバレルは相変わらず鉄板なのと、人にオススメしやすい武器なのは変わりません。

しかし、「AC9」の方が最速TTKが早く(AC9がTTK0.222秒、M5A3が0.261秒)距離減衰もほぼ変わらないので、少しずつM5A3の影響力は弱くなっています

SVK

100mまで2発キル可能な火力は変わらず、相対的な強さも大きく変わらないのですが先日のアップデート4.1でアーマープレートが弱体化しました。そのため2発キルがより決まりやすくなったので、強化されたといっていいのではないでしょうか。

AC-42

前回と比べ変更はありませんが、アップデート3.0でバースト数が160から170に増加した関係で近距離でも強くなりました。
突撃兵の武器熟練度と相性がいいので弾切れの心配なく戦えます。理論値はARの中でもトップクラスなのですが、バーストにクセがあるのでAにしています。

PP-29

最新のアップデートでは全マガジンで28ダメージ出る距離が30mまで伸びました。
SMGなのにも関わらず50mまで5発キル可能で64発の圧倒的な継戦能力も持ち合わせつつ、リロードも速いので発売直後の全盛期にかなり近い状態です。

初心者でも扱いやすい武器で個人的にもオススメです。

AM40

Season2の登場から近距離TTKはアサルトライフル中最速、リロード速度も速いので近距離専門のARです。

中距離での戦闘ではあまり役に立たないのですが、突撃兵のマガジン追加増加に伴い、ドラムマガジンでも立ち回りしやすくなり、兵科制の恩恵を受けるようになったのでAティアです。

BF2042

Posted by adelegames